治療について | 豊中市向丘 にったペインクリニック

にったペインクリニック

06-6840-1300

治療について

神経ブロック療法とは

神経に関わる痛みは神経が骨、靭帯や筋肉によって圧迫されたりすることで、神経の血流が悪くなったり、神経の周りに何らかの原因で炎症反応、あるいは神経の障害が起こることによって生じます。神経ブロックとは痛みの原因と考えられる神経に直接薬剤を注入することで、炎症反応を抑えて、神経の血流が改善されます。強力な鎮痛効果があります。神経ブロックは診断の意味合いもあります。つまり痛みの原因となる神経が本当にその場所なのかを診断できます。原因の神経がわかれば、繰り返しの神経ブロックにより痛みが消失していく可能性が高いのです。

神経ブロック療法を受ける際の注意点
現在内服している薬の中に抗凝固薬あるいは抗血小板薬いわゆる『血をサラサラにする薬』を飲んでいませんか?飲んでいる場合その薬を休薬する必要がある場合があります。
発熱・風邪症状はないですか?
肝臓の機能が悪い、肝炎と言われたことはないですか?
腎臓の機能が悪いと指摘されたことはありますか?
該当する場合はご相談下さい。

主な手技療法について

硬膜外ブロック(腰部、胸部、頸部、仙骨部)

脳から出た脊髄は、首から腰にいたる脊柱管の中を貫いています。脊髄は、くも膜と硬くて丈夫な硬膜に包まれ、保護されています。硬膜外ブロックとは、局所麻酔薬やステロイドをこの硬膜外側の「硬膜外腔」という空間に注入することによって脊髄神経や交感神経の血流を改善し、痛みを緩和させる治療法です。ペインクリニックで最もよく行われるブロック治療の一つと言えます。首から足までの痛みにたいへん効果の高い治療法で、多種多様な疾患が対象になります。注射をする場所に応じて、それぞれ頸部、胸部、腰部、仙骨部硬膜外ブロックと呼ばれます。頸部に関しては胸椎1/2からアプローチする経椎間孔硬膜外ブロックも行っております。胸椎から行うことで合併症のリスクも軽減でき、高い効果も期待できます。当クリニックでは、この硬膜外ブロックを「透視下」で実施しております。レントゲン透視下ならば視覚的サポートが得られるので、短時間に、しかも安全に、正確に行えます。

神経根ブロック(頸部、胸部、腰部、仙骨部)

神経根とは脊髄から左右に枝分かれして末梢に至る神経で、頚椎、胸椎、腰椎、仙椎の椎間孔から出ています。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症などは神経根が圧迫されて痛み、痺れなどの症状が出現してきます。神経根ブロックは神経根が椎間孔から出た場所あたりで神経の根元に注射をします。当クリニックでは主にレントゲン透視下に行いますが、頸椎では超音波ガイド下でも行うことがあります。神経根に直接針で刺さず、神経根の周りに薬液を浸潤させるやり方(perineural)で行っており、強い痛みが出ないように行っております。

腕神経叢ブロック

頚椎からでた神経が腕に向かう途中でちょうど鎖骨より2㎝上あたりの位置に腕神経叢という神経の集まりを形成します。その腕神経叢に局所麻酔薬とステロイドを注射するのが腕神経叢ブロックです。上肢の痛みの疾患、例えば頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、上肢の帯状疱疹関連痛などに対して行います。当クリニックでは透視下あるいは超音波ガイドに行っています。

後枝内側枝ブロック

脊椎は体の中心にあり、頚椎、胸椎、腰椎のいくつもの骨から成り立ち、体を支えております。骨と骨の間には椎間関節(上関節突起と下関節突起)という関節が形成されております。その関節に入り込んでいる神経が後枝内側枝です。椎間関節に何らかの原因で負担がかかると後頚部痛、背骨に沿った背部の痛み、腰の痛みが出現してきます。椎間関節に入り込んでいる後枝内側枝に直接局所麻酔薬を注入しブロックするのが後枝内側枝ブロックです。当クリニックでは確実にブロックするためにレントゲン透視下で行っております。

透視下神経ブロックについて

特殊なレントゲン装置(Cアーム)を用いて、ブロック針の動きを確認しながら神経ブロックを行います。目標部位が見えることにより、針先が短時間に到達でき、造影剤を使用することで確実に目的とする神経にブロックでき、また安全性が高くなります。世界で標準的な治療方法であり、当クリニックでも積極的に導入をし、神経ブロックを行っております。

超音波ガイド下神経ブロック

エコーガイド下神経ブロックとは、神経、およびその周囲の血管、骨、筋肉などの組織をリアルタイムに描出するエコー(超音波)画像で逐一確認しながら行うブロックのことです。血管や注射針の動きを透視下に直接監視しながら、適切な刺入ポイントに正確に薬液を注入することができるため、従来のように手応えと勘だけが頼りだった、盲目的な方法よりもずっと安全に行え、効果も確実です。この方法なら、手技に伴う患者さんの痛みは少なくて済みます。

エコーガイド下筋膜リリース

最近の研究で、トリガーポイント(押すと痛みが広がる、しこりのようになっている部分)は、筋膜(筋肉を包んでいる膜)の上にあることが明らかになってきました。さらに筋膜が癒着して厚く重み積なっている部分には、特に高い確率で存在することもわかってきました。
エコーガイド下筋膜リリースとは、エコー(超音波)を用いて、この筋膜が厚く重積している部分を確認しながら、その部分に薬液や生理食塩水を注入することによって癒着を剥がしていく治療法です。何枚も積み重ねた薄いラップのすき間に水を注入し、1枚ずつ剥がしていくようなイメージです。
肩こり、腰痛、膝痛など筋肉や骨格系の痛みに効果が認められ、また治療が数分で終わって患者さんの負担も軽いため、画期的な治療法として昨今注目されています。

トリガーポイント注射

肩や背中、腰などのトリガーポイント(そのまま訳せば「痛みの引き金となる場所」という意味で、押すと痛みが広がる、しこりのようになっている部分のこと)に局所麻酔剤を注射します。
トリガーポイントは、その周辺や、少し離れた場所に関連痛(放散する痛み)を発生させることがあります。トリガーポイントによる肩や背中、腰の痛みが数ヶ月続いている状態を筋・筋膜性痛症候群(MPS)と言います。
トリガーポイント注射を行うことで、痛みを除去する効果が期待できますので、肩こりや腰痛で辛い思いをなさっている方は、トリガーポイント注射を考えてみてはいかがでしょうか。この注射はとても細い針を使いますし、注射する深さも1㎝程度ですので、痛みはほとんどありません。

TOP